※高知城歴史博物館に関するお知らせ等は、高知城歴史博物館プレサイト
  お知らせいたします。
 
〈お問い合わせ〉
公益財団法人土佐山内記念財団
(こうえきざいだんほうじんとさやまうちきねんざいだん)
〒780−0862
高知市鷹匠町(たかじょうまち)2−4−26
でんわ・ファックス 088−873−0406
 
※すべて小・中学生対象です
■さわってみよう武器・武具 ※終了しました
日本に古くからある武器・武具に触れる体験講座(たいけんこうざ)です。年に1回春頃に行っています。今年のテーマは“手裏剣(しゅりけん)”です。
 くわしくはこちら
■夏休みこども工作教室 ※終了しました
日本に古くから伝わるもの作りの技をつかって工作します。毎年夏休みに行っています。
 くわしくはこちら
探検!発見!高知城 ※終了しました
江戸時代にお殿さまが生活していた高知城。いろんな工夫がかくされているお城をいっしょに探検します。夏休みにおこなう予定です。
 くわしくはこちら
 
■体験・発見 日本の伝統文化 ※終了しました
日本に古くから伝わる文化を体験する講座です。今年のテーマは“花道(かどう)”です。
 くわしくはこちら
山内資料館(やまうちしりょうかん)は、土佐(とさ・高知の昔のよび方だよ)のお殿(との)さまがもっていたものを大切にしながら、展示(てんじ)していたところだよ。
山内資料館には古文書(こもんじょ)というお殿さまやむかしの人の手紙や日記、絵、お茶や能(むかし作られた劇(げき)のこと)の道具、ひな道具、かぶとや刀などの戦う道具、写真など、およそ67000点もあるんだ。その中から2か月に1回展示品を入れかえて毎回100点ぐらい展示していたよ。
ほんものそっくりな刀やかぶとをじっさいにさわったり、身につけて写真がとれる体験(たいけん)コーナーもあったんだ。

※2016年3月31日で山内資料館は閉館いたしました。
山内家は、江戸時代に土佐のお殿さまを16代にわたってつとめた家なんだ。
最初(さいしょ)のお殿さま山内一豊(やまうちかつとよ)は、土佐に来る前は豊臣秀吉(とよとみひでよし)の家来(けらい)だったけど、関ヶ原(せきがはら)の戦いで徳川家康(とくがわいえやす)の味方(みかた)になって戦って勝ったので、そのごほうびに土佐の国をもらったんだよ。
| top |
公益財団法人 土佐山内記念財団 〒780-0862 高知県高知市鷹匠町2-4-26 TEL/FAX 088-873-0406
Copyright(c)Tosa Yamauchi Family Treasury and Archives All Rights Reserved.