番組案内

平成23年9月25日に、「土佐をひもとく~山内家資料に見る土佐の江戸時代~」と題した土佐の歴史を探る番組で、山内家資料が取り上げられることになりました。

土佐山内家宝物資料館では、山内家に伝わった資料約6万7千点を保存しています。
旧大名家の歴史資料・美術工芸品がこれほどまとまって残っているのは全国的にも少なく、中には国宝「古今和歌集 高野切本」、重要文化財「一国兼光」、「長宗我部地検帳」も含まれています。

これらの貴重な資料を通して、初代一豊から幕末までの約270年に及ぶ土佐の江戸時代を博物館学芸員の語りやインタビューをまじえながら展開する番組だそうです。

高知の歴史に対する関心と理解を深めてもらえるいい機会になると思います。
ぜひご覧ください。

●放送局: RKC高知放送

●番組名: 「土佐をひもとく~山内家資料に見る土佐の江戸時代~」

●放送日時: 平成23年9月25日(日) 午後4時~5時

Photo_2
一豊肖像画

(投稿者:K)

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。