夏休み工作教室①「和本を作って絵日記を描こう!」―第2回目―


8月22日(日)夏休み工作教室「和本を作って絵日記を描こう!」の2回目が行われました。

前回作った和本の本体になる部分と、料紙装飾をほどこした表紙を四つ目綴じという方法で綴じて和本を完成させました。

1回目の工作教室から早1ケ月がたち、前回作った本体の部分に絵日記や自由研究を書いてきているお子さんもちらほら。

Img_3340_2
 

1回目と違い、今回は完成までにいくつもの行程があり、切ったり貼ったりと細かな作業も多かったのですが、皆さん真剣に取り組んでいました。

Img_3325_3

四つ目綴じは、本に目打ちと木槌で穴を開け、針と糸を使って本を縫っていきます。
糸を通すのにも順番があり、また固い本が相手ということもあって、急に難易度が上がった気もしたのですが、皆さんお母さんやお父さんと協力して、一生懸命作業を進めていました。

そして、意外に難しそうに見えたのがヘラの使い方。
本に折り目を付けるために何度か使用したのですが、「ヘラは鉛筆を持つように!」と言ったお母さんの声がどこからともなく聞こえてきたりしました。
日常生活で使うことのない道具も今回の工作教室で使用することができて、良い経験になったのではないかなと思いました。

完成したものがこちらです!

Img_0956

Img_0958

表紙となる部分は上下左右2cmほど中に折り込まれてしまうため、絵が少し切れてしまいました…。

夏休みの催し物は今回が最後となりましたが、山内資料館では秋にも催し物が目白押しですので、お楽しみに!

関連記事「夏休み工作教室① 和本を作って絵日記を描こう!第1回目」↓
http://ty-archives.blog.ocn.ne.jp/mikikigusa/2010/08/post_b507.html

(投稿者:総務課 I )

カテゴリー: こども, 催し物   パーマリンク

コメントは受け付けていません。