夏休み児童クラブ出前講座

山内資料館では毎年7月から8月までの夏休みの期間、高知市内外の小学校の放課後児童クラブや児童センターなどを訪問し、出前講座を行っています。
今年は5ヵ所を訪問し、主に刀(摸造刀)などの武器に触れる体験、貝合わせ遊びの体験、消しゴムスタンプ作りの体験を子どもたちにしてもらいました。

各体験の前には、まず山内資料館のことや江戸時代を中心とした歴史や文化について知ってもらうために、毎回簡単なお話をしています。この時点では、やはり刀や兜を知っていても実際に触ったことのある子どもはほとんどいませんでした。

お話の後はお待ちかねの体験!
刀に触ってみる体験では、講師が刀を解体して見せると、子どもたちはバラバラになった刀を目の当たりにして驚いたようすでした。

また、腰に帯を巻いて刀を差してみる体験では、子どもたちは長さが自分の身長近くもあり、片手で持つとなかなかの重さの刀を鞘から抜くだけでも一苦労!講師に手伝ってもらいながら、なんとか刀を抜き差ししていました。

貝合わせ遊び(蛤の貝殻の内側に絵を描いて、対になる貝を探す遊び)の体験では、子どもたちは1つでも多くの貝を取ろうと一生懸命に手を挙げ、大変盛り上がりました。
なかには、貝の内側の描かれている絵を見て「私も描きたい!」と言う子どももいました。

消しゴムスタンプ作りでは、最初のお話でまず印(いん)について学び、印には昔からいろんな使い道があることを知ってもらいました。
実際の作業では、黙々と消しゴムにつまようじで自分の名前や好きな絵を彫り、それぞれ世界でたった1つのスタンプを完成させていました。

児童クラブは社会科の授業でまだ歴史を習っていない学年の子どもがほとんどですが、高学年になって歴史を習い始めた時にこれらの体験を思い出して、少しでも日本の歴史や文化に興味を持つきっかけになると嬉しいです。

(投稿者:I)

カテゴリー: こども, 催し物   パーマリンク

コメントは受け付けていません。