夏休みこども教室「伝統建築に学ぶ!イスを作ってみよう!」

伝統的な日本の建築技術である「木組み」の手法を使ってイスをつくる、毎年恒例の夏休み工作教室が今年も開かれました。
高知工業高校建築科の先生方と生徒たちが指導役となって、参加した子供達と一緒に、2時間半でイスを作り上げます。

今年のイスは、座る部分の天板に趣向が凝らされていました!
木の組み合わせ方を変えることによって、思い思いのデザインが作れるのです。
まずは、紙に図を描いてデザインを決め、それに合う木のパーツを選びます。

あとは、先生も生徒も子供達も、さらには保護者の方々も一緒になって、どんどん作業にチャレンジ!

  

部屋の中は、クーラーをめいっぱいかけていても、熱気でどんどん暑くなっていきます。
猛暑の日でしたので、冷たい麦茶も用意していましたが、皆さんそれよりも作業に没頭!
徐々にイスの形が姿を現し始め、完成したときには「やった!」「できた!」と歓声と拍手で喜び合うグループもありました。
力を合わせて作った、世界に一つだけのイス。
思い出とともに、ずっと大切にしていただきたいと願っています。

(投稿者:O)

カテゴリー: こども   パーマリンク

コメントは受け付けていません。