【予告】特設展「山内家のひな道具」展

当館では、毎年桃の節句の時期に合わせて行っている特設展「山内家のひな道具」展を今年も開催いたします。
本展は旧土佐藩主山内家に伝来した雛人形や雛道具約40点のほか、家紋入りの手鏡箱や香箱など、大名家の女性の嫁入り道具を一堂に展示する大変華やかな展示です。

 

*************************************************************

会期:平成27年2月6日(金)~平成27年3月31日(火)

開館時間:午前9時~午後5時

休館日:会期中無休

*************************************************************

また、当館は高知県立高知城歴史博物館への資料移転に伴い、平成27年3月31日をもちまして展示室を閉室いたします。
そのため、本展が土佐山内家宝物資料館最後の展示となります。
最後に山内家のお雛様に会いに山内資料館へお越しください。

※特設展「山内家のひな道具」展の詳細はこちら

また、関連行事として、恒例の「貝合わせの会」と「呈茶」も行います。
こちらも毎年ご好評いただいている催物のひとつですので、興味のある方はぜひご参加ください。

※関連行事「貝合わせの会」・「呈茶」の詳細はこちら

ここで豆情報をひとつ!!

現在、資料館などでお配りしている特設展「山内家のひな道具」展のチラシですが・・・

チラシ裏面を切り抜きます―

有職雛・貝桶と屏風を実線に沿って切り離します―

 

切り離した有職雛・貝桶と屏風を点線に沿って折り曲げていきます―

最後に、切り離した2つを組み立てると―

 

なんと!可愛らしい手の平サイズのお雛様が完成します!!

これは、一枚の紙を切り取って組み立てる立版古(たてばんこ)というおもちゃ絵の一種で、完成すると一枚の紙から作ったとは思えないほど立体的なお雛様が出来上がります。
簡単に作ることができますので皆さんも作ってみて下さいね!

さらに、特設展「山内家のひな道具」展にご来館いただいた方には、立版古の追加パーツをプレゼントいたします。
手の平サイズのお雛様が、3段飾りの豪華なお雛様に変身しますのでこちらもお楽しみに!

(投稿者:O)

カテゴリー: 展示紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。