お正月の会 (平成26年)

1月13日(月・祝)、季節の恒例行事「お正月の会」が開催されました。

この会は、新春を寿ぐお料理と日本の伝統音楽を楽しんでいただこうと、平成21年度よりはじまり今年で5回目を迎えます。
参加者の皆さんから大変ご好評いただいている催しの一つで、今年も定員を超える応募がありました。

会では、まず高知県葉風会の皆さんによる箏曲演奏が披露されました。
「六段の調べ」などの箏曲がはじまると、会場全体が華やかな雰囲気に包まれ、参加者の皆さんもその優雅な音色にそっと耳を傾けていました。

Img_1541

演奏後は、土佐藩時代の献立をもとにRKC調理師学校の方にアレンジしていただいた山内家伝来のお正月料理をいただきました。
山内家のお正月料理には欠かせない鴨の雑煮・鰤の照焼・小豆粥など、お味もさる事ながら美しく盛りつけられたお料理を前に、皆さんお品書きを熱心に確認するなど和やかなお食事会となりました。

Img_1550
  Img_7447

食後のお呈茶では、京都宇治産の抹茶「吉祥」と、当館所蔵資料「生菓子図案集」から再現された和菓子「黄旭餅」をお出ししました。
「黄旭餅」は、淡い黄色と梅色が見た目にも可愛らしく、ほのかに梅の香りが漂う上品なお味で「美味しい」「可愛い」と好評でした。

Img_7451
  Photo

こうして、今回の「お正月の会」も無事終了。
参加者の皆さんには、お食事や音楽を通して日本の伝統行事「お正月」を、いつもと違う形でお楽しみいただけたのではないでしょうか。

資料館では、今年も伝統文化や歴史を様々な形で楽しんでいただける催しを多数企画していきます。
興味のある方は、是非ご参加下さい。

(投稿者:O)

カテゴリー: 催し物, 季節便り   パーマリンク

コメントは受け付けていません。