日本の文化講座~第2回・土佐の酒造りⅠ

今回の文化講座は、高知県工業技術センターの上東治彦先生「土佐の酒造りⅠ」と題してお話を頂きました。

上東先生は発酵学をご専門とされ、現在、高知県の酒造業の第一線で活躍されています。

講座では、日本酒の香りや旨味が生み出される科学的な仕組みを、図表などを使って詳しく解説して頂きました。
日本酒の「淡麗辛口化」や高知県のお酒の消費量の高さなど、酒造業界をめぐる最新の状況についても紹介がありました。
普段はなかなか聞くことのできない本格的なお話に、参加者の皆さんも興味津々の様子でした。

004

講座の最後には、品評会とほぼ同じ方式による高知県の日本酒の利き酒体験も用意して頂きました。
高知県のお酒が持つ芳醇な香りと味わいに、皆さん改めて驚いておられるようでした。

009

上東先生には、次回も引き続いて高知県の日本酒について講演して頂く予定です。
今度は先生が新たに開発された酵母などのお話もされるようで、今からとても楽しみです。

(投稿者:K)

※「日本の文化講座 第1回・日本酒の歴史」のブログ記事はこちら

カテゴリー: 土曜講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。