山内資料館 土曜講座 第7回「高野切講座」受講生作品展

現在山内会館では、土曜講座「高野切講座」受講生作品展を開催しています。

当館では、館所蔵の国宝「古今和歌集巻第廿(高野切本)」にちなみ、毎月第三・四土曜日に「高野切講座」を開講しており、本展はその受講生の作品展です。

会場には、1年を通して学んできた皆さんの力作が壁や台の上にずらりと展示されています。
Img_21212

今年は、昨年とはまた違った雰囲気の会場。
それもそのはず、受講生の作品にはひとつとして同じものはなく、皆さん創意工夫を凝らした新しい作品を創作していました。

当館の高野切講座は入門・初級・中級の3つのコースに分かれており、入門コースでは、書道の基礎からはじめ、1年をかけて平安時代のかなへと学習を進めていき、初級、中級と進むにつれ、徐々に高野切原寸大の臨書を行って行きます。

会場一番奥の机に並べられているのは、入門コースを受講されている方々の作品。
Img_21162

均整の取れた美しい文字で書かれた作品は、書道一年目とは思えないほどの出来栄えでした。

初級コースでは、高野切原寸大の他にも、制作料紙やちらし書きなども展示されています。
Img_21172
 Img_21192

柔らかなかな文字と華やかな色合いで、来場者の目を楽しませてくれていました。

中級コースでは、主に高野切原寸大の臨書を行います。
Img_21122
 Img_21202

文字の美しさもさることながら、キレイな形や色使いの創作作品は目を奪うほどの作品ばかりで、くずし字にあまり馴染みのない私が見てもとても楽しめる作品ばかりでした。

他にも、会場には本講座の講師である岩原先生の作品や古今和歌集巻第廿(高野切本)の複製や解説も展示しておりますので、実際の高野切や高野切の歴史なども併せて楽しめるのではないかと思います。
この機会にぜひ会場まで足をお運び下さい。

会 期:平成25年2月16日(土)~3月3日(日)
      午前9時~午後5時
     *入場無料
会 場:山内会館 2階 孔雀の間(資料館隣接)

昨年度の「高野切講座」受講生作品展のブログはこちら

(投稿者 : I)

カテゴリー: 展示紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。