特設展「山内家のひな道具」展

当館では、桃の節句の時期に合わせて毎年行っている特設展「山内家のひな道具」展を開催しています。

01

旧土佐藩主山内家に伝来した雛人形や雛道具が一堂に並ぶ、毎年大人気の恒例特設展です。
公家の決まり事(有職)にしたがって作られた「有職雛」をはじめ、2代藩主に嫁した、徳川家康の養女阿姫(くまひめ)の嫁入り道具と伝えられてきた「若松葵紋蒔絵雛道具」などを展示しています。

02

そのほか、手鏡や香箱、うがい椀など女性のお道具など多数展示しています。
この時期にしか見られない山内家伝来のひな道具の数々をぜひご覧下さい。
開催期間は3月10日(日)までですので、この機会をお見逃しなく!

そして2月24日(日)と3月2日(土)には、展示の関連行事として「呈茶」を行います。
当日は、当館所蔵の「生菓子図案集」より再現した和菓子と抹茶をお楽しみいただけます。
他では味わうことのできない、山内家の和菓子をぜひご堪能下さい。

日時:平成25年2月24日(日)・3月2日(土) 午前10時~午後4時30分
会場:山内会館(山内資料館隣接)
参加費:500円(茶菓子代)

申し込みは不要です。お気軽にお越し下さい。
※和菓子の数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

旧土佐藩主山内家ならではの桃の節句を、視覚・味覚を通して味わいに来てください。

(投稿者:M)

カテゴリー: 展示紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。