特集コーナー「吉祥」

12月7日より、特集コーナー「吉祥」が始まりました。

皆さま、年賀状のご準備はお済みでしょうか?
今回の展示では、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭長矩(ながのり)の祖父にあたる初代赤穂藩主長直をはじめとする10人の大名からの年賀状を展示しています。

1208_003

当たり前のことかもしれませんが、江戸時代の年賀状は、ハガキではなかったのですね…。
大名家から山内家に宛てた年賀状の祝賀文言も紹介しておりますので、皆さんの年賀状の参考にもどうぞ!

江戸時代の正月行事といえば謡初(うたいぞめ)や御馭初(おのりぞめ)など色々ありますが、その中でも土佐藩ならではといえば、これです。

1208_001

初代藩主一豊のものと伝わる、紙製の陣羽織です。土佐藩では、元日から3日にかけて行われる、藩主と家臣の挨拶の儀式で両者が紙衣(かみこ)を着るように定められていました。これが正月登城時の礼装であったわけですね。薄くて寒そうに見えますが、綿が入れられており、意外に暖かかったようです。

また、平成25年の干支は「巳」ということで、蛇に関する説話と美術品も紹介しています。
日本人にとっての蛇の話といえば、「道成寺」ではないでしょうか。

紀州・道成寺に伝わる大蛇伝説をもとにしたこの説話は、能や歌舞伎などひろく取り入られ、現在でも人気のある演目のひとつです。江戸時代には女性の妄執を戒める教科書として数多くの写本が作られました。当館にも2点の道成寺縁起絵巻があり、今回はそのうちのひとつを展示しています。

1208_002

そのほか、おめでたい文様をあしらった美術工芸品など、お正月にぴったりの展示を行っております。

さらに、資料館で販売している「藩主の一生すごろく」の体験コーナーができました!
ご家族皆さまで、お正月遊びにいかがでしょうか?

1208_004

年末年始12月26日(水)~1月1日(火)は休館です。
1月2日・3日の2日間限定で、来館して下さった方に“お正月グッズ”を差し上げます。
詳しくはホームページをご覧下さい。

お正月はぜひ、山内資料館へ!

(投稿者:K)

カテゴリー: 展示紹介   パーマリンク

コメントは受け付けていません。