■夏休み恒例 特設展「土佐藩歴代藩主」展
 土佐藩は、関ヶ原の戦の功績により土佐一国を与えられた初代一豊に始まり、動乱の幕末・維新に至るまでの270年間、一貫して山内家が藩主をつとめまし た。その結果、山内家には膨大な古文書や美術工芸品などが伝来しました。これらの資料からは、土佐藩の歴史を読み解き、さらには藩主たちの個性を垣間見る ことができます。
 幕府との関係安定化に緊張の連続であった初期、財政難にあえぐ中期、改革を断行するもままならない後期、そして幕末維新-土佐藩の政治・経済・社会は様々 に変化していきます。歴代の藩主たちは、ときに時代に翻弄されながらも、様々な個性をもって時代に挑み続けました。克服できない時代の流れ、藩政に影響を 与えた個性。時代と個性の相克を、藩主ゆかりの資料約60点からご紹介します。
 
主な展示品

初代一豊肖像画
御枡写
(一豊夫人所用)
兎耳形兜
(4代豊昌所用)
浅葱糸素懸威二枚胴具足
(7代豊常所用)
藤並神社御神幸絵巻
・長宗我部元親書状
・天曄院様和歌手鑑
・井伊直弼大老奉書
・錦旗(錦の御旗)

など約60点
15代豊信(容堂)肖像画
緋羅紗地数珠文陣羽織
 (15代豊信(容堂)所用)
開催概要

会  期:平成25年7月12日(金)~平成25年9月23日(月)
会  場:土佐山内家宝物資料館 (高知県高知市鷹匠町2-4-26)
開館時間:午前9時~午後5時 
休 館 日:会期中無休
入 館 料:一般 300円 高校生以下無料
     ※高知県および高知市長寿手帳をお持ちの方は無料
      身障者手帳・療育手帳・障害者手帳・戦傷病者及び被爆者健康手帳をお持ち
      の方とその介護者(1名)は無料
      団体20名以上・高知城懐徳館の半券提示で2割引き
関連企画 (終了しました)

◆特別講座 「江戸時代における長宗我部元親の法要について」
         
‐雪蹊寺蔵 元親二百回忌・二百五十回忌関係資料の紹介‐
元親の法要をめぐる雪蹊寺と藩庁の関係、参加者の特徴についてまとめ、山内藩政下における前土佐国主の法要の実態を紹介します。
日  時:平成25年7月14日(日) 午後2時~3時30分
会   場:山内会館(資料館隣接)
講  師:渡部淳(当館館長)
定  員:60名(要事前申込み)
参 加 費:無料
| top | back |
公益財団法人 土佐山内記念財団 〒780-0862 高知県高知市鷹匠町2-4-26
Copyright(c)Tosa Yamauchi Family Treasury and Archives All Rights Reserved.